近海で自前調達…資源大国への夢“満載” 海洋調査船「白嶺」来月出港

 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構は、日本近海の海洋資源開発を担う旗艦として海洋資源調査船「白嶺」を南鳥島周辺へ出港させる。

 政府は、日本近海に眠る鉱物や天然ガスなどの海洋資源開発を強化している。日本近海には次世代エネルギー資源「メタンハイドレート」や、ハイテク製品に欠かせないレアアース(希土類)などが存在し、他国に頼らない安定的な「自前資源」(経済産業省幹部)として商業化に向けて本腰を入れている。世界有数の領海・排他的経済水域(EEZ)を活用し、資源の多くを輸入に頼る資源小国からの脱却を狙う。

 「他国の資源政策に影響されない安定的な自らの資源供給源を持つための取り組みを進める必要がある」

 経産省の有識者会合が昨年末に取りまとめた「海洋エネルギー・鉱物資源開発計画」は自前資源の開発強化を高らかにうたっている。

 平成26年度は、4月から白嶺が調査にあたるコバルトリッチクラストのほか、海底から噴き出る熱水に含まれる金属成分が沈殿してできた「海底熱水鉱床」に眠る銅や鉛、亜鉛などの埋蔵量調査を沖縄海域などで進める。

 昨年1月には沖縄海域で海底熱水鉱床の調査を行い、白嶺の掘削能力を生かして海底下深くに存在する未知の鉱床を発見、期待が高まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ