【企業攻防】国内勢と海外勢が火花 M&A助言で競う証券業界:イザ!

2014.3.2 18:00

【企業攻防】国内勢と海外勢が火花 M&A助言で競う証券業界

 企業がM&A(合併・買収)を行う際、財務面などの助言を行う「M&A助言・仲介業務」をめぐり、業界内の競争が激化している。国内ではこれまで、証券最大手の野村ホールディングスが圧倒的な強さを誇ってきた。だが、平成25年に三菱UFJモルガン・スタンレー証券がトップに躍り出て、今年の大型案件のサントリーホールディングスによる米ビーム社買収にも名前を連ねるなど好調だ。国境を越えたM&Aは今後も増える見通しで、各社は事業強化を急いでいる。

 ■“米国勢”が上位

 1月13日に発表されたサントリーの大型買収で、証券業界にも衝撃が広がった。多額の手数料が得られる巨額のM&Aで、サントリー側のアドバイザーを務めたのが三菱モルガンだったからだ。三菱UFJフィナンシャル・グループとモルガン・スタンレーという日米の金融大手が22年に合弁で設立した同社は、今年の受注競争で早くも優位に立った形だ。

 こうした業界の趨(すう)勢(せい)は、米金融情報会社、トムソン・ロイターなどが集計する「リーグテーブル」で一目瞭然だ。証券会社が関わったM&Aの金額を合計した順位によると、25年の日本企業関連(不動産案件を除く)では三菱モルガンが2位の米ゴールドマン・サックスに1兆円以上の差をつけた。

 前年首位のみずほフィナンシャルグループは6位、23年まで5年連続首位だった野村は3位にとどまり、“米国勢”が優位にある。独立系証券の幹部は「巨額の金が動く大型案件ではそれに見合った資金が必要になる。融資ができる銀行系グループは有利だ」と指摘する。

 実際、サントリーは今回の買収資金にあたる約1兆4千億円を、三菱東京UFJ銀行からのつなぎ融資で手当てする。関係者は「米国に強いモルガンと、銀行の融資、両方が寄与したようだ」と指摘する。

関連ニュース