スマホ侵入に2分、プリウス勝手に急加速… ハッカー“遠隔操作”の恐怖:イザ!

2013.9.1 21:45

スマホ侵入に2分、プリウス勝手に急加速… ハッカー“遠隔操作”の恐怖

【岡田敏一のエンタメよもやま話】

 今週の本コラムも先週に引き続きIT(情報技術)系のお話です。お題は「ハッカー」。パソコンやインターネットに関する高度な知識を悪用し、他人のパソコンなどに侵入し、重要な個人情報をこっそり盗み出したり、故意に破壊したりする「ハッカー」。欧米では「クラッカー(破壊者)」とも呼ばれていますが、今週の本コラムは、そんな彼らの“魔の手”がこんなところにまで迫っているという衝撃的な実態をご紹介いたします。

 まずはスマートフォン(高機能携帯電話)。最近のハッカーたちは、他人のスマホの情報なんて、その気になれば簡単に抜き取れるうえ、遠隔操作だってお手の物だそうですよ。

 7月22日付英BBC放送(電子版)や米国際経済ニュース専門サイト、インターナショナル・ビジネス・タイムズなどが報じていますが、国連の下部組織「国際電気通信連合(ITU)」が、全世界計7億5000万台にのぼるスマートフォン(多機能携帯電話)や携帯電話のSIMカードについて、外部から個人データを抜き取られる危険性があると警告したのです。

関連ニュース