反日でも日本製ビールに長蛇の列…韓国ビールは「水っぽい」:イザ!

2013.8.20 18:03

反日でも日本製ビールに長蛇の列…韓国ビールは「水っぽい」

 【経済裏読み】

 韓国のビール業界が、汚名返上に躍起だ。韓国の輸入ビール市場では日本製のシェアは33%と最大の輸出国となり、日本のビール大手が設置した期間限定店には、若者らが長蛇の列をつくる人気となっている。背景には「水っぽく味が薄い」と評される現地のビールの味に対する不満がある。韓国のビール大手は危機感をバネに、新種のビールへの参入や原材料表示制度の変更などで巻き返しを図る。だが、焼酎をビールで割って飲む「爆弾酒」が主流を占める現状では、さまざまな改革も“看板倒れ”となりかねない。

 ■1カ月で3万人、ソウルっ子熱狂

 高級デパートやブティックが集まるソウルの繁華街・江南区。8月9日にオープンしたアサヒビールの期間限定店「アサヒスーパードライ・エクストラコールド・バー」には、初日から長蛇の列ができた。レセプションに出席した同社の小路明善社長は「韓国市場で2ケタ成長を続け、シェア1位をキープしたい」とアピールした。

 同様にキリンビールが江南区で今年6月に開設した期間限定店「キリン 一番搾り フローズンガーデン」は、わずか1カ月間で3万人の来場者があり、最長で90分待ちの列ができたという。7月末から釜山市内にオープンした2号店は、オープン期間を延長するなど日本製ビールの人気は高まるばかりだ。

 韓国関税庁によると、日本製ビールの輸入額は今年1~6月で1322万ドル(約13億円)と2位のオランダ(約5億円)、3位のドイツ(約4億円)に大差をつけ、輸入ビール市場の3割を握ったという。

関連ニュース