中山恭子氏「自国を守れる憲法に」「自衛のための軍改正を」 

拉致問題に関する映像を示しながら憲法の問題点を指摘する中山恭子氏=11日、前橋市日吉町の前橋商工会議所会館(いずれも橋爪一彦撮影)

拉致問題に関する映像を示しながら憲法の問題点を指摘する中山恭子氏=11日、前橋市日吉町の前橋商工会議所会館(いずれも橋爪一彦撮影)

 前橋市日吉町の前橋商工会議所会館で11日、開かれた群馬「正論」懇話会(川崎弘・群馬綜合ガードシステム社長)第46回講演会。「日本国憲法-拉致問題解決の見えない壁」と題して講演した参院議員で日本のこころ代表の中山恭子氏は、現行憲法が拉致被害者救出など海外で被害にあった日本人救出の障害になっていると指摘。独立国家として国民を守れる憲法に改正するとともに「日本が培ってきた独自文化を生かし世界の文化交流が行われる国であってほしい」と将来への指針を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ