コラム

【甘口辛口】早実・清宮、甲子園にいけなかった悔しさを世界にぶつけろ!108号は木製バットで飛び出すか

 腕も折れよ、と炎天下1人の剛腕投手が投げ抜く時代は終わったらしい。準決勝、決勝と3試合を残すだけとなった夏の甲子園大会。20日の準々決勝では4試合とも完投はなく、いずれも2~4人の継投だった。剛腕が減った半面、打者は鋭く振り切る打撃を身につけ「打高投低」の本塁打量産で盛り上がっ…[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ