コラム

【産経抄】12月3日

 通勤途上、電車の窓から白雪をいただく富士山がくっきりと見えた。空気の澄んだ冬の晴れた日ならではの眼福である。雲一つない快晴の空は目に痛いほどで、朝から少し得した気分となった。「冠雪の富士玲瓏(れいろう)と杞憂(きゆう)なし」(細井隆子)。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧