コラム

【甘口辛口】武豊騎手が口にした「ナショナリズム」の意味 日の丸背負った侍Jのプレーに期待

 1999年10月、仏ロンシャン競馬場で行われたアベイユドロンシャン賞を、日本のアグネスワールドが制した。同馬を海外GIホースに導いたのは武豊騎手。帰国後、自身3度目の海外GI制覇を振り返ったとき、彼の口から「ナショナリズム」という単語が出た。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧