聖地ウィンブルドンで輝く日本の存在感

 150年を迎えたテニスの聖地ウィンブルドンで、日本が輝いている。初日、ウィンブルドン最多8度優勝の王者、ロジャー・フェデラーが「ユニクロ」のウエアを着てセンターコートに登場した。10年300億円の契約を交わしたためだが、米スポーツ用品のナイキからの変更とあって選手間でも衝撃が走った。日本好きのフェデラーは2020年の東京五輪を目指す。

 サッカー日本代表の活躍も持ちきりだった。ボーイフレンドとベルギー戦を観戦した地元英国のジョアンナ・コンタは、記者会見で、「日本の試合は心が痛かった。最後の30秒よ。感動した」と激闘を絶賛。1回戦に勝利した大坂なおみも日本代表のユニホームを着て会見に現れ、「感動した。日本が負けた後、負けたくなかった」とサムライ魂を語り、喝采を集めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ