西日本豪雨 「“防災先進国”の日本もお手上げ」「日本を丸のみ」 災害の危機意識が低い韓国紙

浸水した岡山県倉敷市の真備町地区

浸水した岡山県倉敷市の真備町地区

 西日本豪雨の被害について、韓国では9日付の主要各紙が水没した町や、屋根に取り残されたり、ボートで救助されたりする被災者の写真を1面に掲載し強い関心を示した。「“防災先進国”の日本も束手無策(お手上げ)」「対災害強国の日本を丸のみ」などといった刺激的な見出しも見られた。

土砂崩れが発生した広島県熊野町の現場では、行方が分からない人たちの捜索作業が続いた=9日午後(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

土砂崩れが発生した広島県熊野町の現場では、行方が分からない人たちの捜索作業が続いた=9日午後(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

 一部韓国紙が「日本沈没」との大見出しを1面トップに掲載した東日本大震災の時ほどではないが、相変わらずの韓国メディアらしい思いも伝わってくる。同時に感じたのは、韓国の自然災害への変わらぬ危機意識の低さだ。

真備町(奥)から小田川(手前)に行われる排水=9日、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

真備町(奥)から小田川(手前)に行われる排水=9日、岡山県倉敷市真備町(本社ヘリから、鳥越瑞絵撮影)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ