【iRONNA発】日大「危険タックル」 内田前監督の「矛盾」は立証できる 高橋知典氏

 「お前らがしっかりしないから!」。ようやくお出ましになった日本大学長の記者会見に突如乱入した女性の言葉は、日大アメリカンフットボール部の一連の危険タックル騒動を象徴する。遅きに失した日大の対応。日大はどこで間違ったのか。(iRONNA)

                  

 大学スポーツの現場は、指導者次第で部内の環境が変わるため、時には常識を超えたものになりやすい。選手の多くはチームのために多大な献身を求められ、監督の指示に応じて過酷な練習を繰り返す。そして、いつしか監督の指示なら何でも従うのが当然と思い込むようになる。

 そもそも本件の危険タックルは、傷害罪が成立し刑事責任を問われる可能性がある。人を傷つけるような危険行為であっても、スポーツでその行為が許されている理由は、スポーツ中の行為は「正当業務行為」とされ、違法性がないと考えられているからである。

 ◆ただの暴力

 今回のような悪意のあるルール違反については、もはやスポーツの域を越えるただの暴力である。傷害罪が成立する場合、タックルを行った選手は実行者であることから、刑事責任を回避することは困難だろう。これに対し、監督ら指導者の刑事責任に関しては、選手にルール違反のタックルを指示して実行させたといったような状況であれば、傷害罪の共謀共同正犯に該当する可能性がある。

 ただ、日大アメフット部の内田正人前監督は会見で「信じていただけないと思うが、私の指示ではございません」と関与を否定。その一方で「フィールドで起こったことなので、すべては私の責任です」とも言っている。

 つまり、内田前監督は、刑事責任の問われるような指示については知らないが、法的ではない道義的責任は負うと述べているのである。では、このように指導者側が責任を認めないケースで言い訳をなくすためには、どうすればいいのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ