【甘口辛口】「篠竹伝説」に泥塗った日大アメフト選手の悪質プレー

2001年6月、日大アメフト部の篠竹幹夫監督(左)

2001年6月、日大アメフト部の篠竹幹夫監督(左)

 ■5月16日 “鬼の篠竹”も泣いているだろう。日大アメリカンフットボール部の監督を1959年から44年務め、17回も甲子園ボウルを制した故篠竹幹夫氏をふと思い出す。鉄拳制裁も辞さないスパルタ指導の半面、繊細でシャンソンを愛しロシア生まれの名曲『百万本のバラ』を原語で歌い、詩も書くなど魅力ある人柄で学生に慕われた。

 不勉強な小欄の取材にも気さくに対応してくれた。「プレーの未熟さが反則につながる。だから基本練習が大事」との言葉が印象に残る。6日の関学大との定期戦で日大の選手が、パスを投げ終わった関学大クオーターバック(QB)に背後からタックルした前代未聞の反則は「篠竹伝説」に泥を塗った。

 QBはパス失敗で「あーぁ」と天を仰いだ無防備状態。「第2・第3腰椎棘間靱帯(きょくかんじんたい)損傷」と診断されたが、最悪の場合は車いす生活を余儀なくされる悪質なタックルだった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ