【主張】南北会談 あくまで核放棄を求めよ

 北朝鮮が、韓国が提案した南北当局者の会談に同意した。約2年ぶりの南北会談であり、北朝鮮との数少ない対話の窓口となる。

 北朝鮮による核・ミサイル開発の阻止は日米韓のみならず、国際社会の最大の関心事となっている。どのような対話も、最終的に、政策変更を迫るものでなければならない。

 金正恩朝鮮労働党委員長が「新年の辞」で、平昌五輪参加を示唆し、南北関係の改善へ意欲を示したことがきっかけになった。

 だが金正恩氏が同じ演説で「米本土全域が核攻撃の射程圏内にある」「核のボタンが私の机上に常に置かれている」と核戦力を誇示したことを忘れてはならない。

 核・ミサイルの恫喝(どうかつ)により生き延びようとする政権の本質は、全く変わっていない。突然の韓国への歩み寄りに、米韓分断の意図があることは明らかだろう。

 武力挑発で緊張を高め、一転して対話に応じて相手から譲歩を引き出す瀬戸際戦略は、北朝鮮の常套(じょうとう)手段である。

 そうして核・ミサイル開発の時間を稼ぎ、「核戦力完成」宣言に至ったのが、北朝鮮による核危機の歴史だ。国際社会は同じ過ちを繰り返してはならない。

 気がかりなのは、高揚感に包まれたかのような文在寅政権の対応である。

 「新年の辞」の翌日、金正恩氏の発言を評価するとして南北会談を提案し、米国からは平昌五輪期間中の米韓合同軍事演習を行わないとする合意を取り付けた。

 北朝鮮は国連や日米などの独自制裁で、経済的に厳しい状況にある。対話の提案を無視し続けた金正恩政権が態度を一転させたのは制裁の成果といえる。孤立し、追い詰められているのは、北朝鮮なのである。

 「対話のための対話」に対価は無用である。

 核・ミサイル開発の放棄や、拉致問題の解決など具体的、前向きな動きを見極めるべきだ。

 米国は五輪後の米韓合同軍事演習実施を明言している。北朝鮮が南北関係改善を模索し始めたのは、国際社会の圧力があるからに他ならず、米軍の存在はその重要な構成要素である。

 日米韓は北朝鮮に「最大限の圧力」で臨んでいる。文在寅氏は日米との連携を第一に考えることを忘れてはなるまい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ