【甘口辛口】マラソン完走ではじけた真央さんの笑顔…来年の新プロジェクトにも期待

 ■12月13日 久しぶりにフィギュアスケート元世界女王、浅田真央さん(27)のとびきりの笑顔が紙面を彩った。約2万6000人が走った10日のホノルルマラソンで目標の4時間30分にはわずかに及ばなかったが、4時間34分13秒で初マラソンを完走した。金色の完走メダルをかけられ「久しぶりの金メダルでうれしい」と大喜びだったとか。

 マラソンは姉の舞さんや友人たちが走ったのに刺激され「私も走りたくなった」。ハワイは2010年バンクーバー五輪で銀メダル獲得後、いまは亡き母匡子さんら家族で1週間過ごした思い出の地でもある。「走る姿を母も見てくれたと思う。完走できてほっとした」という。

 マラソン解説でおなじみの金哲彦さんはツアーで参加する日本人ランナーのサポート役で毎年走っていて、途中で浅田さんとすれ違った。「腰高でアスリート然とした走りだった。タイムも初マラソンとして立派なもので、トレーニングしてきたから走れたのだろう。さすがにチャレンジ精神旺盛と感心した」と話す。

 フィギュアのフリーの演技時間は男子が4分半、女子は4分。ある研究では陸上競技で最も苦しいといわれる1500メートルの酸素摂取量に匹敵するとの結果が出たという。「ジャンプの瞬発力と持久力の両方がいる。ニッコリ笑顔を見せながら1500メートルを全力疾走しているようなもの。見た目よりはるかにきつい」とフィギュア関係者。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ