【甘口辛口】元横審・内舘さんは全治6カ月大けがから復帰…阿武咲、貴景勝ら若手の世代交代に期待

■9月14日

 「右足甲骨折で全治6カ月」。力士並みの重傷を負った脚本家の内館牧子さん(68)が、秋場所の5日目以降に久々の“国技館復帰”を果たすという。元横綱審議委員会委員で大の相撲通だが、4月上旬に都内の満開の桜の下で転倒して夏、名古屋場所と無念の“全休”が続き、ようやく初場所千秋楽以来の観戦がかなうことになった。

 長い間つけていたギプスもとれ、今はふつうに歩けるという。座っての観戦もできるが、足の筋肉が落ち、溜り席では自力で立ち上がるのは無理とか。あの悪役朝青龍とも渡り合った“横審の魔女”としては人手を借りる姿は見せられず、仕切りが手助けになるマス席で観戦するそうだ。

 そんな待望の復帰場所は初日から3横綱が休場し3日目から高安、宇良も休場という惨状。さぞ横審時代の歯にきぬ着せぬ批評が、と思いきや…。「格闘技にけがはつきもので仕方ない。稀勢の里のように100%治っていないのに出ては休みの繰り返しになったのは、何とか責任を果たそうとした結果では」と理解を示した。

 それより、内館さんは阿武咲や貴景勝ら若手の急激な伸びで「めちゃくちゃ面白い」という。「上がいない間、2人は戦国の若武者のように思い切り暴れ回っている感じ。まだ21歳。期待の若手といわれる御嶽海や正代も、2人と比べるとおとなしく見える。新入幕の朝乃山もイキがいい」と立て板に水だ。

 「なかなか次を担う人が出てこない業界が多いのに、これだけ下に人材が出てきて相撲協会は幸せ」とも続けた。興ざめした半面、一気に押し寄せた世代交代の面白さを「いま見ないと」という“内館流秋場所の楽しみ方”にはうなずけるものがある。 (今村忠)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ