【直球&曲球】エベレストであまりにもシェルパに甘え過ぎていた登山家たち

 エベレストの史上最悪の大遭難を受けて起きたシェルパたちの登山ボイコット。現地に向かった野口健氏は「エベレスト登山に素人が増えた」とのベテランシェルパの話を聞いた。

 今春のエベレストで発生した史上最悪の大遭難。犠牲となった16人全てがシェルパ。そして、シェルパたちによる登山ボイコット。遭難者を出した登山隊だけではなく主要な登山隊全てのシェルパがボイコットし、山を下った。シェルパのサポートがなければ登山は続けられない。背景には何があったのか。直接、シェルパたちと話そうと僕はカトマンズに飛んだ。

 シェルパや犠牲者の遺族、また政府高官からネパール山岳協会会長まで幅広く話を聞くことができた。「かつては各国からよりすぐりの登山家が集まった。彼らもシェルパと一緒になって荷揚げやルート工作を行ったものだ。しかし最近ではツアー登山隊が増えたのかピッケルの使い方もよく分かっていないような素人が増えた。彼らは安全な山で高所順応をし、その間にわれわれがエベレストで何往復もしながら荷物を上げていく。シェルパの負担が増えたのだ」とベテランシェルパ。

 昨年のエベレストでは外国人登山家とシェルパの間で乱闘事件が起きた。ネパール山岳協会のアンツェリン会長は「ヨーロッパではシェルパが暴力をふるい、野蛮だ、とネガティブキャンペーンが繰り返されたが、今まで厳しい労働環境にジッと耐えてきたシェルパの気持ちも理解してほしい」と話す。過去の出来事だが、ある隊の隊長が短刀でシェルパの額を切りつけたこともあるのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ